« シークレットなんて無かったんや | トップページ | 本当は空を飛べると知っていたから »

まだらの紐

 通勤途中、階段を上がっていると、視界で小さな毛糸のポンポンが跳ね回っている。
目を上げると、前を歩く女性のジャケットの中から、斑の紐が垂れていて、その先にポンポンが付いていて、それがひょこひょこ揺れているのだった。
ファッションなんだろうか?
尻尾みたいな感じで、踝あたりまでの長さなので、踏まれることもないのだが……
猫なら思わずじゃれつきそうだ。

|

« シークレットなんて無かったんや | トップページ | 本当は空を飛べると知っていたから »

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだらの紐:

« シークレットなんて無かったんや | トップページ | 本当は空を飛べると知っていたから »