« 地震、雷 | トップページ | 疲れて帰る »

毎回死ぬわけではない

 先日からちょこちょこ観ている海外ドラマ『Dr.モーガンのNY事件簿』
200年前に死んだ時に何かがあって、以来、不老不死になってしまった医師が現代で美人刑事と事件解決をする話。
死んだ場合、何故か死体と身に着けていた服が消滅して、近くの川など水の中で復活する。
ただし服は消えてしまうみたいで、素っ裸で復活。
同居人のエイブと言う爺さんだけが、この秘密を知っている。
予め死ぬことがわかっていたら、エイブ爺さんが近くの川まで服を持って行って待機していればいいが、なかなかそうはいかないから、よく警察の御厄介になってるみたい。
ブラックリストに載せられてそうだな。
だから毎回、事件解決のために死ぬのかと思っていたら、3話、4話と死なず。
むしろ3話と4話はエイブ爺さんが大活躍。
何者だ爺さん。

|

« 地震、雷 | トップページ | 疲れて帰る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎回死ぬわけではない:

« 地震、雷 | トップページ | 疲れて帰る »