« 食パンは何処へ | トップページ | 前略・ミルクハウス »

チトセリウムとエリアル

 さて、いろいろ届いているので作っていかなければ。
 まずは『chitocerium LXXVIII-platinum』
190601c1 190601c2
浅井真紀氏の新素体使用というだけあって、メガミデバイスで使用されているマシニーカという素体の進化系といった感じ。
付属品は本と剣。
本は一応閉じる事も出来る。
190601c3
台座がケースにもなっていて、こんな感じで仕舞うことが出来る。
 続いて『MODEROID エリアル C装備』
うわー、何か久しぶりにプラモデル作っているという感じだ。
悪い意味で。
基本、接着剤はいらないけど、やはり要所要所で必要になってくる。
それとランナーが切りにくい。
基本、切った後でカッターで削るのだが、何か硬いよなぁ。
出来上がってみれば満足なんだけど、やはりバンダイやコトブキヤと比べると作る過程での手間が違う。
そんなにプラモデルを作るのが得意ではない超ライトユーザーの俺には、バンダイやコトブキヤはその辺がユーザーに優しいと、つくづく感じた。
190601a1 190601a2 190601a5 190601a6 190601a4 190601a3
髪型はロングとお下げ。
ヘルメット装着時はお下げのみ。
目が擬人化バージョンとロボットらしいものの2種類から選択式。
髪とロボ目は同じクリアパーツ。
190601a7
スタンドが付いているので、一応、ポーズをつけてみる。

|

« 食パンは何処へ | トップページ | 前略・ミルクハウス »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食パンは何処へ | トップページ | 前略・ミルクハウス »