« おかしい | トップページ | ホラーかよ! »

ラブ〇〇〇〇レター


ラブクラフト・レター

 うーん。
とりあえずやってみるか。

1回目

C

「アーミテイジ教授」と「イスの偉大な種族」か。

「アーミテイジ教授」は指名した相手の手札を捨てさせて山札から1枚補充させる、所謂デッキ回転系のカードか。

自分を指名してもいいから、手札が気に入らない時とかにも使える。

「イスの偉大な種族」は指名した相手とカードを見せあい、数字の小さい方が脱落するのか。

まだ情報も何もないうちから使うのはどうかな。

一応、「アーミテイジ教授」は5だから、このカードに勝てる6、7、8は各2枚あるから、6枚。

ゲームに使うカードは25枚で、今、私の手元にあるのが2枚。

オープンになってる「ミ=ゴの検体」も合わせて3枚。

残り22枚だから負ける確率は6/22。

うーん、初めてのゲームだし、先手必勝で勝負してもいいかな。

いずれにしても相手の情報がまったくないから、どっちを選ぶかはサイコロで決めよう。

B「何でいきなりサイコロ降ってるの? このゲームはサイコロは使わないよ」

C「どっちと勝負するか決めようと思ってね。奇数がでたからBと勝負ね」

「イスの偉大な種族」を捨札にして、お互いの手札を裏のまま交換して見る。

B「勝てるわけないじゃん!」

Bの手札は「ウルタールの猫」で強さは2。

Bは「ウルタールの猫」を自分の捨札置き場にオープンして置く。

B脱落。

M

まさかCがいきなり勝負を仕掛けてくるとは。

ヤバかった。

俺の手札は強さ1の「探索者」だからな。

さて、次は俺の番か。

「ニャルラトテップ」強さは6か。

これ狂気カードだよな。

まだ俺は狂気になってないから、これを使用するとCと手札を交換か。

デメリットは狂気に陥ること。

狂気のペナルティは自分の手番に正気度チェックをさせられて、完全に発狂したら脱落。

おそらくCのカードは結構強いカードだ。

それを強さ1のカードと交換すれば……

ってダメだ。

「探索者」は相手の強さを言い当てて脱落させるカードだ。

仕方ない。

ダメ元で「探索者」を使うか。

「探索者」を捨札にする。

M「Cの手札は8だ」

C「残念でした」

B「さすがに8じゃないよねぇ」

Bもああ言ってるから間違いないだろう。

まぁいいさ。

とりあえず可能性は1つ潰した。

C

さて、次は私の番ですね。

げっ。

「ネクロノミコン」

強さは最大の8ですが、捨札にしたら即、脱落のカードじゃないですか。

しかも、この能力は「使用」じゃないので、「アーミテイジ教授」を使って捨てても効果を発揮するから、捨てられません。

「アーミテイジ教授」を使って捨札にします。

C「手札を捨てて下さいM」

M

俺は「ニャルラトテップ」を捨てる。

能力は使用出来ないが、これで狂気に陥ったことになる。

山札から引いた新しい手札は「銀の鍵」

強さは7で手札の強さの合計が12以上になったら、このカードの方を捨札にするという、よくわからん能力だ。

つまり5以上を引いたらこれを捨札にしないとダメらしい。

微妙だな。

さて俺の番か。

まずは正気度チェックだよな。

捨札にある狂気カードと同じ枚数まで山札を引いていき、途中で狂気カードを引いたら脱落だ。

まぁ、まだ1枚だから大丈夫だろう。

山札の一番上のカードをオープンする。

……

「深きもの」

どう見ても狂気カードです、ありがとうございましたorz

C「えっ? 私の勝ちですか? 今ので?」

B「たった2巡しかしてないじゃん。Mなんて固まってるし」

とりあえずCが旧き印トークンを1つ得た。

 2回目はBが最後に狂気に陥りながら勝利し、クトゥルフトークンを1つ得る。
 3回目で再びCが正気のまま勝利したため、2つ目の古き印トークンを得てゲームに勝利したことで、人類滅亡エンドを回避。
M「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『みんなでゲームを始めたと思ったら、いつのまにか終わってた』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが(ry」

|

« おかしい | トップページ | ホラーかよ! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかしい | トップページ | ホラーかよ! »