« 金曜日はフライデーではない | トップページ | 福家警部補の再訪 »

福家警部補の挨拶

 先日、ビデオを整理していた時に、フジテレビのドラマ『福家警部補の挨拶』が出てきた。
懐かしい。
ちょうど20日に文庫が出るので、文庫で出ている原作をまとめ買い。
短編なのでサクサク読める。
解説によると作者は『刑事コロンボ』マニアらしい。
それはそうだろう。
読んでいて、何度ニヤリとさせられたことか。
ドラマと違って「オッカムの剃刀」のオチは「逆転の構図」のあれだし。
「月の雫」はドラマとは犯人の性別が違っていたが、最後のシーンは「別れのワイン」を思い出させる。

|

« 金曜日はフライデーではない | トップページ | 福家警部補の再訪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜日はフライデーではない | トップページ | 福家警部補の再訪 »