アニメ・コミック

泣ける映画

 しばらく『木根さんの1人でキネマ』を読んでいなかったので、久しぶりにマンガパークへ行ってみたら、2話も更新されていた。
で、最新話は「泣ける映画」
高校時代の友人の1人トッシーの泣いているところを見たことがないという話になり、みんなで泣ける映画を見せて泣かせようという流れに。
そんな中で、個人的に一番共感できたのが、キョーコの『劇場版 美少女戦士セーラームーンR』
いやぁ、本当にクライマックスで「Moon Revenge」が流れ出してからの展開が泣ける。

| | コメント (0)

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

 連休最終日。
朝から、昨夜の『ロードエルメロイⅡ世の事件簿』のアニメ版を観て、同人版を読みふける。
同人版は8~10巻をこの3日で読み切った。
最終巻と言うことで、今までの登場人物のほとんどが登場。
1巻のメンバーが魔眼蒐集列車に乗ってアルビオンに乗り込むところなんか胸熱。
しかも衛宮切嗣と彼の父も意外な形でかかわってくるし、アトラムも死んでるのに意外と良いやつだと思わせるエピソードまで盛り込まれている。
そしてドクター・ハートレスの正体。
Fate/GOにもかかわる話が出てきたりと、本当に良い物語だった。


ロード・エルメロイII世の事件簿8 case.冠位決議(上)【書籍】


ロード・エルメロイII世の事件簿9 case.冠位決議(中)【書籍】


ロード・エルメロイII世の事件簿10 case.冠位決議(下)【書籍】

| | コメント (0)

ウェイバー→ロード・エルメロイⅡ世

 先日、録っておいた『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』第1話を観る。
第4次聖杯戦争後からロード・エルメロイⅡ世襲名までの流れ。
それと親友メルヴィンの紹介。
そしていつの間にか終わっているイゼルマ事件(笑)


【楽天ブックス限定先着特典 & 先着特典】【全巻購入特典対象】ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 1(完全生産限定版)(B2ポスター & ステッカー付き)【Blu-ray】 [ 浪川大輔 ]

| | コメント (0)

グリフォンになりたかったペンギン

 今更ながら『ガーリー・エアフォース』のアニメを観る。
こういうのを観ると、戦闘機のおもちゃを触りたくなる。
と言っても、うちにあるのは可変戦闘機のみだが。

| | コメント (0)

消えなさい

 積ビデオ崩し。
『ドラゴンボール超 ブロリー』と『GODZILLA 星を喰う者』
 『ドラゴンボール超』は劇場版で人気のあったキャラ・ブロリーを正式に本編に組み込んだリファインとでも言うのだろうか。
元のブロリーを知らないから何とも言えないが、スーパーサイヤ人のベジータを素のままで圧倒してスーパーサイヤ人化したら、スーパーサイヤ人ブルー状態の悟空でも苦戦するという規格外。
まぁ、それよりフリーザ様のドラゴンボールで叶えたい願いが酷すぎるのだが(笑)
ブルマの5歳若返りたいよりさらに酷い。
ドラゴンボールに願わなくても、普通に叶えられそうな気がするのだが。
 『GODZILLA 星を喰う者』のクライマックスでハルオがゴジラに突っ込んでいくシーンは、某プリコネのCMの「消えなさい」を連想して笑ってしまった。
しかし、エクシフってガオガイガーの覇界の眷属みたいなもんだったんだ。

| | コメント (0)

桜花に生まれし者は桜花に帰れ

 漫画版『バジリスク 桜花忍法帖』読み終わる。
まぁ、結局のところ「桜花」というものがSF的ではあるが、二人の想いから生まれた二人は消えて元の世界に戻ったと。
それにしても、信長に魔術を教えたの弥助かよ!
それもブードゥと西洋魔術を混ぜた物って……


| | コメント (0)

終わる

 漫画版『バジリスク 桜花忍法帖』完結。
6巻をまだ読んでないので、まずはそっちからだが、これで一段落だな。
原作とアニメはSF色が強くて好きになれなかったが、この漫画版は忍法帖らしくておもしろいと思っている。
さぁ、どんな終わり方をしてくれるか楽しみだ。

| | コメント (0)

今日の癒し

 今日も疲れて帰る。
寝る前にオノ・ナツメの『have a great sunday』の3巻を少し読む。
1話1話が短いので、どこで区切ってもよいから疲れている時でも読みやすい。
内容も日常のだらだらした話だし。

| | コメント (0)

前略・ミルクハウス

 さて、今日も午前中の暑くなる前に片づけをする。
今日は文庫本をメインに掘り出す作業。
何故か小説に混じって、『前略・ミルクハウス』の文庫版1巻が出てくる。
何故1巻だけ。
もっと掘ろうかと思ったが、暑くなってきたので今日の所はやめておく。

| | コメント (0)

癒される

 疲れが取れなくて今日もぐだぐだである。
こういう時は『ゆるキャン△』でも観て癒されよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧