書籍・雑誌

在庫なし

 今日は『蒼き鋼のアルペジオ』の最新刊の発売日。
明日は『アナゲ超特急サザンクロス』の発売日。
ただ『アナゲ超特急サザンクロス』はドマイナーなので、会社の近くの書店には入荷しない。
明日は金曜なので、帰りに書店に寄れない。
今日、フラゲ出来ればと在庫を調べたら紀伊國屋の本店なら在庫があると出た。
仕方がないので、帰りに梅田へ出る。
『蒼き鋼のアルペジオ』は新刊棚にあるが、『アナゲ超特急サザンクロス』は何処だろうと店内の端末で調べると……
発売日前で検索出来ないorz
あれ?
ネット検索で出てきたのは前作の『アナゲ超特急』の方だったのか。
やっぱり在庫ないのかと思って、諦めて『蒼き鋼のアルペジオ』だけ買って帰る。

| | | コメント (0)

ショック

 hontoで近刊のチェックをしようとしたら、とある本が検索に引っかからない。
つい先日までは出ていたはずなのに、履歴からも消されている。
発売が延期か最悪、中止になったのかと出版元のHPを見るが、変わりなし。
紀伊國屋で検索すると出てくるし発売日の変更もなし。
旭屋で検索をしようとしたら……
検索機能が無くなっているorz
これでは在庫確認も取り置きも出来ない。
一応、直接電話して取り置いてもらうことも出来るが……
言えない。
あのタイトルは言えない。
やっぱり発売中止になったのか一瞬思うくらいにアレなタイトルだし。
とりあえず発売日当日まで待とう。

| | | コメント (0)

無限邂逅メガロマリア

 コトブキヤの新シリーズ『無限邂逅メガロマリア』のムックが出たので、帰りに買って帰る。
小説部分は序盤が公式HPで読めるのだが、続きが気になっていた。
ムックに続きも載っているだろうと買ったのだが、想像以上に中身が濃い。
創彩少女庭園シリーズとも繋がるらしく、新キャラが何人か紹介されている。
いつ発売になるのか気になる。

| | | コメント (0)

相良宗介(アラフォー)、VTuber生配信に挑む

 ドラゴンマガジン5月号、買って帰る。
今回の「FMPxFamily」は風間信二絡み。
信二が急病で入院し、彼がやっているVTuber生配信に宗介が代打で臨むと言う話。
このVTuberと言うのが平和を愛する軍事系VTuber風祭まこ(テッサ風)
信二はボイスチェンジャーを使わず地声でやっていたということで、能登麻美子声で喋るテッサをイメージすれば良いのか。
信二も宗介に自分と同じ芸風は無理と判断して、まこの両頬の目から顎にかけて黒い線を入れてメカまこまこにしたりして予防線引いたりしていた。
さて宗介は無事に配信を出来るのか。

| | | コメント (0)

世にも奇妙な配達

 基本、金曜日は帰りにスーパーへ寄らないとダメなので、書店へ寄り道することが出来ない。
普段であれば、金曜日にネットから書店に取り置きをお願いして土曜日か日曜日に取りに行くのだが、今回、偶々欲しい本が6年前に発売されたものなので、ネット通販でないと日にちがかかることがわかり、値段的にも単品では送料が発生するので、金曜発売の本と一緒にAmazonでまとめ買いすることにした。
ちょうど電撃文庫の新刊の発売日と言うこともあり、欲しい本+新刊で5冊になった。
ただ問題は、Amazonでは雑誌の新しいのが買えない。
こればかりは、今日、書店へ寄ったついでにあればと思っていたら、しっかりあったので、これで土日に出かける必要がなくなった。
そして夜、発送のメールが届く。
土曜日になると思っていたのに早かったな。
と思ったら、別のブツだった。
まぁ、そんなもんだ。
しかし、その後、1冊だけ発送される。
さらに1冊。
金曜日に注文した5冊の内、2冊がバラバラに届くとのこと。
残り3冊は予想通り土曜着。
送料は発生しないからいいけど、何だかなぁ。

| | | コメント (0)

逆さ磔/FMP☓Family

 休日出勤。
肉体労働ではないので、まだ気が楽だ。
少し早めに出て、会社の近くのマクドでビッグブレックファストを食べる。
このメニューも食い納めかもしれないな。
 昼飯の時に外へ出る。
途中に模型屋があるのだが、『ガンダムSEED FREEDOM』のポスターが貼ってあった。
逆さまで。
お店の人、疲れているんだろうか。
 帰りは書店に寄って新刊と雑誌を購入。
240121fmpf
雑誌の付録に掛替用カバーが付いていた。
そう言えば、最終巻近くでもあったよなぁ。
 

| | | コメント (0)

福家警部補

 福家警部補シリーズの最新刊が、ようやく文庫落ちしたので買ってきたのだが、思わず一気読みしてしまった。
今回は4編入っていて、どれもするすると読めた。
特に1編目の「是枝哲の敗北」はオチが秀逸なのもあるが、テレビドラマ版のオリジナルストーリー「或る夜の出来事」への言及があり、今回の犯人がドラマで舞台となった病院の医師だったり、古畑任三郎の「さよなら、DJ」へのオマージュがあったりと、思わずニヤニヤしてしまう。

| | | コメント (0)

FMP X FAMILY

 新刊を取り置いてもらっているので、帰りになんばへ。
今回はドラゴンマガジンも取り置きしてもらっていたので、帰ってからフルメタを読もうとする。
しかし、疲れているせいか、老眼鏡を掛けても文字が見えづらく読むのを断念する。
今日は体調は良いのだが、何だかなぁ。

| | | コメント (0)

FMP x FAMILY あるいはサイボーグじゃないよアンドロイドだよ

 昨日と今日の新刊を買いになんばへ。
今日は『ドラゴンマガジン』の発売日でもある。
230720b1
裏表紙。
高校生の娘と小学生の息子がいる。
 後、こちらも装丁が凄い。
230720b2 230720b3
8マン「サイボーグじゃないよ、アンドロイドだよ」
009「うるさい、お前なんかロボットで十分だ」
と言うような会話はないと思う。

| | | コメント (0)

完璧で究極のこしあん

 昔『こ・こ・こ・こしあん・ルーレット』と言う歌があった。
違った。
『ロ・ロ・ロ・ロシアン・ルーレット』だ。
中原めいこさんとは懐かしい。
 『ダーティペア』シリーズはハヤカワ文庫。
ソノラマ文庫は『クラッシャージョウ』だった。
今は両方ハヤカワだけど。
『クラッシャージョウ』の最新刊は『コワルスキーの大冒険』
『銀河系最後の秘宝』で死んだと思われていたコワルスキーが実は生きていたという話。
ブラックホールの飲み込まれる直前、イチかバチかでコルドバをワープさせたコワルスキーたちは、未開惑星に辿り着く。
そこで一度は現地住民に捕まるが、宇宙海賊がやってきたため、現地住民に協力して宇宙海賊と戦うことになる。
そしてそこに謎の少年クラッシャーが現れる。
と言う話だった。
 最近、よく見かけるのが『推しの子』✕『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』の『完璧で究極のゲッター』なわけだが、これに対抗できるのは『鉄壁で至高のマジンガー』じゃないかと思うわけだ。
しかし、そうそううまくはいかないよなぁ。



| | | コメント (0)

より以前の記事一覧