書籍・雑誌

1日遅れ

 どうやら発売日が、これだけ1日遅れだったみたいで、今日は普通に新刊台に並んでいた。
帰りに無事、購入して帰る。
さて、何巻から読んでなかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

俺ガイルとPLLとWW

 帰りに『俺ガイル』の12巻(2年振りか?)を買いに行ったが、数軒はしごしても見つからない。
まさか、また延期か?
ネットで在庫確認した時点でないというのが信じられなくて実店舗まで探しに来たのだが、マジでないのか。

 『プリティ・リトル・ライアーズ』のコンプリートボックス届く。
今度こそ、本当に完結だ。
前に買ったシーズン5までのボックスは人にやった。
さて、どうするか。

 『ワンダーウーマン』のDVDもようやくシーズン2が出る。
『紅い旋風 ワンダーウーマン(前編)』というタイトルだが、実質シーズン2である。
予想通り、『ジャスティスリーグ』公開の11月発売だ。
後は後編(シーズン3)がいつ出るかだよなぁ。
次の映画はいつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一日ごろごろ

 一日ごろごろしながら積読本崩し。
それでも、やっと1冊読み終わるのがやっと。
ペースが落ちているなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とりあえず2冊

 今日こそは実家に引き籠もってごろごろ。
積読本を崩す。
ここしばらく読んでいたものと、この間、買ったものの2冊を読了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

悩んで買う

 昼休みに外出。
どうしようか迷っていたが、結局、買うことにする。

10th Anniversaryだしなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

南極点のピアピア動画

 結局、読んでしまう。
小隅レイ=初音ミクというのは、暗黙の了解。
読んでいる最中に「メルト」を聞きたくなる。
そして最後はやはり「ハジメテノオト」だよなぁ。
表紙が本家であるKEIさんによるあーやさん。
ぱっと見、初音ミクにしか見えないが、細部が違うんだよなぁ。
 それに比べてハヤカワ版『ふわふわの泉』の表紙の残念なこと。
表紙はファミ通文庫版の方が好きだな。
どうしてこうなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オークブリッジとふわふわの泉

 『オークブリッジ邸の笑わない貴婦人』3巻で完結なので、1、2巻と一緒にしておこうとしたら、どこへ置いたか思い出せない。
盆休みに整理した時に、処分しようかどうしようか迷っていたが、3巻で完結と知ったので、置いておくことにしたのだが……
箱詰めはしていないと思っていたが、念のため探してみたら、一番上に置いた未読の箱の中から見つかる。
うーん、ボケている。
 探している途中で、『南極点のピアピア動画』と『ふわふわの泉』(ハヤカワ版)を見つけてしまう。
『ふわふわの泉』の帯の煽り文句が目を引く。
「9.11も3.11もニコニコ動画も初音ミクもなかったころ」
目的のものも見つかったので、ついつい『ふわふわの泉』を読んでしまう。
何度も読み返しているお気に入りなのでさくさく読める。
霧子の登場は唐突ではあるが、彼女との出会いはこの物語の後、どういう風に世界を変えていくのだろうか。
まぁ、それがある意味『南極点のピアピア動画』における「あーやきゅあ」なんだろうけど。
あぁ、今度は『ピアピア動画』を読みたくなってきた。
でも時間が時間なので、また明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SFのFは、ステキのS

 実家の客間を片付けていたら出てきた。

買ってから読もう、読もうと思っていたのだが、字が細かいのでついつい先延ばしにしていたら、いつの間にか埋もれていたというやつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なんばへ

 親戚一同の強襲で予定が狂ったが、みんなが帰ったのでなんばへ出る。
『ロードエルメロイⅡ世の事件簿』の新刊が出ているのだ。
予約はしてあるが、やはり早く手に入れたい。
まぁ、入手したからと言って、すぐに読むわけではないのだが。
今回も前後編だから、冬の後編を待ってから一気読みだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

忘れていた

 サイコロフィクションの新シリーズが先月末に出ていた。
2冊も。
1冊は『ヤンキー&ヨグ=ソトース』
Y&Yと言うわけだが……
ないわー。
その組み合わせはないわー。
と言うわけでスルー。
2冊目が『ダークデイズドライブ』
サブタイトルが「下僕系イケメンTRPG」
うーん、耽美系だろうかと思って、これも敬遠するつもりだったが、著者が齋藤高吉さん。
内容をざっと見ると、吸血鬼になりたいイケメンが、吸血鬼の下僕としてこき使われるという内容。
受けた任務のため、車に乗ってご主人様(吸血鬼)と愉快な下僕どもがあちこちを旅するというロードムービー風TRPG
これはおもしろそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧